あなたに「あたたかな気持ちになれるような農産物をお届けしたい!」あったか野菜農園の挑戦やこだわり、農園の風景や栽培の様子、農産物のお得な情報やレシピをお伝えします。

080-8307-5234

電話お問い合わせ受付/10:00~18:00
(農作業中で折り返す場合がございます)

栄養素をなるべく損なわず30秒で美味しく小松菜を茹でる方法!

小松菜を茹でている様子

こんにちは!あったか野菜農園の藤井です。

あなたは、小松菜をどのように調理して食べるのが一番お好きですか?

小松菜は色々な料理に合う万能野菜ですが、シンプルに茹でて召し上がる方が多いのではないでしょうか。

その小松菜、長くお湯で茹でてしまっていませんか?

小松菜は必要以上に長く茹でると、本来の美味しさや栄養素を損なってしまうことがあります。

今回は小松菜農家の私から、小松菜の栄養素をなるべく損なわず30秒で美味しく茹でる方法を動画付きでご紹介いたします!ぜひご参考ください。

小松菜の美味しい茹で方をご紹介します!

小松菜は茹でると、ビタミンC、カルシウム、鉄の量が減少してしまいます。

中でもビタミンCは水溶性のビタミンの為、水に溶けやすく熱に弱い性質があります。

熱や水を使う調理において少なからず小松菜の栄養素は失われてしまいますが、それを最小限に抑えるにはどれだけ短時間で効率よく茹でるかにかかっています。

小松菜を美味しく効率よく茹でる3つのポイント!

①小松菜の根元が太い場合は、十字に切れ目を入れてください。

小松菜の根の部分に十字の切れ目を入れている様子

【茹でるワンポイント!】

小松菜の根元が太い場合は、写真の様に茹でる前に十字に切っておくとより火が通りやすくなります。

②塩を入れ沸騰したお湯に、先ずは小松菜の根元の部分だけを10秒ほど茹でます。茹で終わったら今度は小松菜全体を湯に浸し、更に20秒ほど茹でます。

【茹でるワンポイント!】

小松菜の根元の部分が一番かたく火が通りにくいので、先ずは10秒ほど沸騰したお湯につけ茹でます。

最初から全体を茹でてしまうと葉の部分がクタクタになってしまうため、シャキシャキとした美味しい小松菜の食感を損なわない為にも、葉の部分は最後に茹でてください。

③茹で終わったらざるに上げ冷水に!水を切ったらすぐに召し上がれます。

茹でた小松菜を冷水に浸けている様子

【茹でるワンポイント!】

水に浸ける際も、小松菜の熱を取る程度の短時間で!

あまり長くつけると、ビタミンCがどんどん水に溶けだしていきますのでご注意ください。

茹でた小松菜をお皿に盛った写真

短時間で上手に茹でた小松菜は、シャキシャキ!っとした歯ごたえと小松菜本来の風味や旨味が楽しめます。

今まで適当に茹でてしまっていた方や、つい長時間茹でててしまっていた方は、ぜひこの茹で方をお試しください!きっと小松菜の新しい美味しさを発見できるかと思います。

栄養素もなるべく損なわず、体にもお口にも嬉しい茹で方。毎日のお料理の時短にも繋がりますので、ぜひご家庭で小松菜を茹でる際にご活用ください。

⇒美味しい小松菜を使った、栄養たっぷりのレシピはこちら!

メロン販売ページへ
Top