あなたに「あたたかな気持ちになれるような農産物をお届けしたい!」あったか野菜農園の挑戦やこだわり、農園の風景や栽培の様子、農産物のお得な情報やレシピをお伝えします。

080-8307-5234

電話お問い合わせ受付/10:00~18:00
(農作業中で折り返す場合がございます)

メロンのお引っ越し!ハウスへの「定植」作業

定植作業中

こんにちは、あったか野菜農園の藤井です。

3月に入ったあったか野菜農園では春の足音が聞え始め、あたたかく過ごしやすい日が増えてきました。

あったか野菜農園内にある梅の花

農園内にある梅の木が、今年も綺麗な梅の花を開花。春の訪れを感じます。

毎年母がこの梅の実を使い、手作りの梅ジュースや梅干を食べるのが私たち家族の恒例になっています。

あったか野菜農園では、メロンをハウスに植え替える「定植」作業を開始しました!

元気に育った定植前のメロンの苗

先日鉢上げや摘芯をしたメロンの苗です。

ポット内で十分な大きさに成長させたら、メロンが最終的に育つハウスへ苗を植え替える「定植」作業を行います。

今年も鉢上げの作業が上手くいき、葉や茎がピンッ!と上を向いた、生き生きと力強い苗に成長してくれました。

⇒鉢上げの様子はこちら

定植最初の作業は苗の配置から!

植え替える場所にメロンの苗を配置している母

メロンの苗をハウス内に配置している様子

定植最初の作業は、成長した苗をハウス内に配置する作業から行います。

苗を植える位置には、予めグリーンマルチに切れ目を入れておきます。

メロンが成長した際につる同士が絡み合ってしまうので、切れ目を入れる時は適切な間隔にしなければいけません。

いよいよ定植作業開始です!

理想的なメロンの根の様子

定植前のポットから苗を取り出した様子です。白く糸状に張り巡らされているのが、メロンの根です。

写真の様な真っ白に見えるくらいみっちり張った根は、苗の育成が上手くいっている証。

こういった苗は土壌内の養分や水分もしっかり吸収し、定植後も力強く成長、美味しいメロンの実をつけてくれます。

私たちはこういった理想的な苗を作り出すために、どれだけ手間がかかっても種からメロンを育てることにこだわっています。

⇒メロンの種まきの様子はこちらから

家族でメロンの定植作業をしている様子

毎年家族みんなで協力しながら、一つ一つ丁寧にメロンの苗を植えていきます。

定植の際は苗を植える深さが大切で、深すぎると水が溜まったり、必要以上に土がかかって病気になったりと注意が必要です。

浅すぎても根を張りにくくなってしまうので、この作業を上手く出来るようになるまでには苦労しました。

父の定植作業の様子です。農業一筋40年のベテラン農家である父は、私の尊敬する農家です。

長年メロン作りをしてきた父や母の定植作業は正確でとても早く、どんどん苗を植え替えていきます。

私も父や母の技術に追いつけるように、これからも定植作業の技術を磨くことに精進したいと思います。

今年も全ての苗を無事に定植し終えました!

定植作業を終えたメロン

定植後のメロンの苗の様子です。

これからがメロン栽培の本番!6月の収穫に向けて、季節は春から初夏へと移り変わっていきます。

その間日中の目まぐるしく変わる外気温に合わせて、ハウスやトンネルでこまめに温度を調節しながらメロンを育てていきます。

メロンはこの後の成長や実の状態によって、適切な温度や水分量が変わってくるとても繊細な野菜です。

お届けするあなたに美味しいメロンで楽しい時間を過ごしていただけるように、これから約3ヶ月、今年も家族一丸となってメロンに向き合いたいと思います。

あったか野菜農園のこだわりが詰まったメロンはこちらから

メロン販売受付ページへ

メロン販売ページへ
Top